NPO法人南アルプス共和国の日々の活動履歴


by rococo510
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

キャップ回収終了のお知らせ

山梨県下のキャップ回収はたくさんのご協力者のお陰で初期の目標を達成する事が出来ました。

この間、多くの皆さまの善意に触れ環境意識の高まりを強く感じました。
私たちの周囲には日々の生活に追われ大切な物を見過ごしている事がたくさんあります。
環境問題一つ取り上げてもその課題は際限なく広がり地球環境レベルで考えても、かなり深刻な状況にあります。
地球温暖化は議論をしている間にも刻々と進み、確実に地球環境を破壊し続けています。
氷河や氷山は刻々と後退し、海面は上昇し、気象異常は私たちの生活を、産業を、経済を押し潰そうとしています。
この度のキャップ回収も、ペットボトル本体が行政のシステムによって回収されているのに、一体化された製品のキャップがどうして回収されていないのかの疑問から出発したものです。
幾つかの行政はキャップ回収がシステム化され資源の有効活用や環境対策に取り組みをされていますが、まだまだルール化されていないのが現状です。
県下に広がった環境意識を行政の手によって広域的に継続される事を切に願うものです。
この運動も実質的には2名のメンバーで取り組んでまいりましたが、山梨県下をカバーすることには限界があります。
これまでキャップ回収にご協力頂きました皆さまの、引き続きのご努力をよろしくお願い致します。

私たちは、現在進めている南アルプス市との協働事業であります「使用済み天ぷら油の回収」による水質保全、二酸化炭素排出抑制、BDF化により限りある資源の有効活用に取り組んでまいります。
もう一つの協働の取り組みとして「緑のカーテン普及活動」にも取組中で、今年伸びた琉球アサガオの蔓から挿し木により来年の苗を増やす取り組みを始めています。

また、本来のまちづくりへの取り組みの一つであります「子育て支援」にも取り組む計画を進めています。
環境課題への取り組みは「人間が生き残る為の」欠かす事の出来ない活動です。

これからも健全な子どもたちを育てるために努力を続けたいと思います。
スイスの哲学者、教育思想家でありますルソーは次のように言っています。
「子ども時代は、感性の時代であって、理性の時代ではない」と、また「子どもは小さな大人ではない」と言っています。
子ども時代は豊かな人間性を育てるために、ゆったりとした時間の中でたくさんの経験をさせ子どもらしさをもった子どもに育てたいものです。
最近起こる少年犯罪の低年齢化、凶悪化は、今の社会が、今の大人が創り出してはいないでしょうか。
市民活動のテーマには際限がなく宇宙的な視野と遠大な取り組みが必要です。
[PR]
by rococo510 | 2011-12-09 12:14