NPO法人南アルプス共和国の日々の活動履歴


by rococo510
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

8月4日、身延山久遠寺門前町の商店会「恵風会」さんをお訪ねしました。
役員をされている河内屋食堂さんとみやげ館さんに出迎えていただきました。
ホテル、旅館、食堂、売店さんなどで構成されている「恵風会」さんの取り組みは、ゴミの減量化など環境課題への取り組みと共に途上国の子供達にワクチンをおくって、子供達の命を救いましょうとの呼びかけに多くの賛同者が心を一つにされて行動をされているものです。
初回、50㎏のキャップをお預かりして下山しました。

8月4日現在の県下の状況は次の通りです。
 重量:22,747㎏(軽トラック300㎏満載で76台分)
 個数:9,098,800個(キャップの直径が3.1㌢ですから直線上に並ると282㎞先まで届きます)
 ワクチン:11,374人分(県下の小学校児童数が約51,000人ですので、その22.3%に相当します)
 二酸化炭素削減量:71,653㎏(約72トン…サッカーボール72万個分)


南アルプス市には「うら身延」といわれている「妙了寺」があります。
身延山久遠寺に次ぐ格式のある寺だと言われています。
徳川祈願時としても知られていますが、地元の人達はあまり知りません。
一方、桜の名所としても知られ、除夜の鐘には大勢の人達が訪れるようになりました。
一度訪れてみては如何でしょうか。

南アルプス市から発信した、キャップを集めて世界の子どもにワクチンをおくろうとする取り組みは、県下の幅広い層の賛同を得て現在も広がりつつあります。

この取り組みの経験をした保育園児、小学校児童、中高生、大学生がやがて日本社会を、世界を動かして行く時に環境や人の命の尊さを基本に判断や行動が出来るようになることを願うものです。
[PR]
by rococo510 | 2009-08-05 21:23

混入異物の分別作業

今日は、スタッフ5人で1時間半(延べ7.5時間)かけてキャップ160㎏の異物の分別作業を実施しました。
単三乾電池、ビールビンの栓、金属製キャップなど多量の分別をしました。
汗だくになりながら、作業台に向かい流れ作業で手際よく作業は進みましたが、どうしてこれらの異物が混入するのか残念でたまりません。
個人やグループ、団体、企業、学校関係などでは考えられません。
是非とも趣旨をご理解頂いて、ご協力をお願い致します。

本日までの回収実績は下記の通りです。

重量:22,437㎏(軽トラック300㎏満載で約75台分)
個数:8,974,800個(直径3.1㌢のキャップを直線上に並べると278㎞先まで届きます。
ワクチン:11,219人分
二酸化炭素削減:70,677㎏(サッカーボール706,770個相当)


新しい協力者からのお申し出が続いています。
私たちも暑さに負けないよう頑張りますので、引き続きのご協力をよろしくお願い致します。
[PR]
by rococo510 | 2009-08-03 23:13