NPO法人南アルプス共和国の日々の活動履歴


by rococo510
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

日々、新たな協力者が!

今日、回収にお伺いした双葉町の小学校では、前任地でお世話になった先生にお会いしました。
前任地ではキャップ回収にお世話になり懐かしく思い出されました。
先生方も異動により学校間の交流が進み、児童も小学校から中学校に進学することによりキャップ回収の輪はますます広がってまいります。
嬉しくなるのは、キャップ運搬の軽トラックや私の顔を覚えていてくれて、声をかけてくれる事です。
キャップ回収のお礼に、地球環境の現状や、世界の子供達の生活の様子、人類の発祥と現在まで引き継がれてきた生命の不思議などなどの話をプレゼントしています。
 この仕事を始めて幅広い知識を身に付ける事が出来ました。
今「エコ検定」に挑戦中です。
学ぶ事の楽しさを満喫しています。
そして、その事が人様のお役に立つ事になれば、こんな幸せはありません。
小学校に出かけても、中学校に出かけても「皆さんは勉強が出来て幸せだね」と声をかけます。
「世界の国々には電気も、水道も、食べ物も、薬品もなく病気や飢えに苦しんでいる子供達が、一杯いる事を忘れないでね」と付け加えます。
水くみのために学校にも行けない子供達、食べ物や薬品が無く死を待つばかりの子供達、日本でも戦争が終わった後は、食べ物も薬品もなく、外国の国々から食糧やワクチンを送ってもらったお陰で、幸せな今がある事。だから、今度は私たちが苦しんでいる世界の子供達にワクチンをおくる番であること。
キャップ一個を手にする事により世界はどんどん広がって行きます。

これからもご協力をよろしくお願いします。
私たちは、キャップの訪問回収を通じて、皆さまの時間と費用の節約にお手伝いをさえて頂いています。
この活動が、何時までも続きますように!
 
[PR]
by rococo510 | 2009-09-11 22:50
一昨日は日野春小学校さんと日野春母子愛育会さんより、事務所までキャップをお届けいただきました。
遠路お届け頂いて感謝です。ありがとうございました!
また、昨日は甲府市立貢川小学校、石田小学校、山城小学校、南アルプス市立若草小学校さん、JR甲府駅さん、個人では甲府市の三森さん、南アルプス市の深沢さんからキャップをお預かりしました。
今日は、昭和町役場、櫛形女連協さんからもお預かりしました。
この三日間で510㎏の量になりました。

9月10日現時の数量をご報告します。
 重量:25,577㎏…軽トラック300㎏満載で86台分のなります。
 個数:10,230,800個…1,023万個…直径31ミリのキャップを横一直線上に並べると317㎞先まで届                            きます。
 ワクチン:12,789人分…もうすぐ13,000人になります。
 CO2:80,568㎏…サッカーボール805,680個分に相当します。
 

 毎日忙しく飛び回っていますが、そんな中で労力を削がれるのが異物の除去です。頭が痛いです。
 集めて頂くだけで大感謝ですが、上流での一寸した気配りでリサイクルの後工程はスムースに流れてまいります。
 ここに例をお示ししますが、異物の中身は種々雑多です。
f0197688_1932840.jpg

 乾電池、ハサミ、ビンや缶のフタ、洗濯バサミ、中でも金属製のボトルのキャップは見分けがつきにくい物もありますが是非とも選別をお願いしたいのですが。
 回収対象キャップは、飲料用のペットボトルのキャップで材質はPP(ポリプロピレン)が基本となっています
 回収して頂く皆さまにお願いして頂く機会がありましたら、このことをお知らせ下さい。
 回収された物の中に分別の判断がつきにくい物が入っていた場合は、別の袋に分けて頂くとありがたいです。
 また、プラスチック系でも材質の異なる物が混入するのは避けるようにしなければなりませんが、金属類はリサイクルには致命的で完全に分別しなければなりません。
 どうぞ、皆さんでお互いに気を付けるようにいたしましょう。
 私たちが見落とすとリサイクル会社さんが時間と労力を費やして分別することになります。
 この活動を継続させて行くためにも、どうぞよろしくお願い致します。
 ご覧頂きまして、ありがとうございます。
[PR]
by rococo510 | 2009-09-10 12:32

地球温暖化の進行

今朝のNHKTVのニュースでショッキングな話題が提供されました。
東南アジアの熱帯地原産の蝶「クロマダラソテツシジミ」が東京都内で繁殖しているこのこと。
ソテツの新芽をたべる蝶で地球温暖化の指標生物になるだろうと言われています。
先頃のニュースでも、北極圏の氷が30年間で面積が半分に減少し、今後30年間で全て溶け去ってしまうだろうと言われています。
溶けた氷は海面を現在よりも1㍍も押し上げてしまい、海抜の低い都市が飲み込まれてしまうだろうとも言われています。
地球温暖化は人類の生活を一変させてしまうでしょう。
異常気象、害虫の異常発生、病気の流行、食糧飢饉などなど想像を絶する状況が現実のものとなりつつあります。
人間同志が争っている場合ではありません!経済活動に縛られている場合でもありません!
人類が力を合わせて真剣に考え行動しなければ、取り返しのつかない事態になってしまいます

地球を壊しているのは人間です。
地球上に1,000万種いると言われている生物の中のたった一種類の人間がです。
日々の生活に追われて、ともすると忘れがちになる地球の恩恵を、太陽の恩恵を、自然の恵みを時に思い出して見ませんか!
[PR]
by rococo510 | 2009-09-09 09:06
今日は、東山梨教育事務所、山梨県立ろう学校、石和健康ランドさまの回収にお伺いしました。
お預かりした総量260㎏を「田丸」さんに搬入をいたしました。

 山梨県立ろう学校では趣旨に賛同された東京のライオンズクラブさんから届けられた物も含まれていますとのお話をお伺いして、先頃の長野に本社のある介護センター「花岡」さんからも山梨に社内便を利用して届けられたことと合わせて、この活動の広がりにビックリしているところです。
 本当にありがたいお話で「人類みな兄弟」を実感します。
 同じ地球上に同じ時期に生かされて、同じように地球の将来を心配して下さる多くの皆さんに感謝です!


 私たちの軽トラックも大活躍です。
 何も文句を言わず軽快に走ってくれています。
 その勇姿をたまにはご紹介しましょう 
f0197688_182873.jpg

今日現在の回収実績をご報告します。
 重量:25,067㎏…いよいよ25トンを突破しました…軽トラック300㎏満載で84台分です
 個数:10,026,800個…1,000万個を超えました…すごい力を感じます
 ワクチン:25,067人分…山梨県内の小学校215校50,934人の約25%の子どもの命を救う事が出来ます…素晴らしい事です!…こんな大きな力が、さらに多くの皆さんの協力を呼んで下さる事を祈ります。
 CO2…78,961㎏…79トン…サッカーボール789,610個分です…どのくらいでしょう?

 これからもご協力をよろしくお願いします!ありがとうございました!
[PR]
by rococo510 | 2009-09-08 17:46

がんばる!中学生

昨日は、甲府市のある中学校を訪ねました。
この学校の生徒会では、全校生徒で使用済みペットボトルのキャップ回収に取り組んでいました。
エコ活動の内容を、今年の学園祭で発表するために、実際に取り組んでいるNPOから話を聞こうと言う趣旨で声がかかりました。

生徒会長をはじめ男女数人の役員の皆さんから、沢山の質問を頂きました。
「キャップ回収に取り組んだ動機と、実際にやってみて大変だと思ったこと」
「キャップがワクチンになるまでの流れ」
「キャップはどんな物に再生されるのか」
「NPOの取り組みで、他にどんな物に取り組んでいるか」
「生徒会にどんな事を望むか」
「生徒会として今後取り組むテーマの参考になるものを教えて欲しい」
「いつから始めて、今どうなっているのか」
などなど、
1時間半があっというまに過ぎてゆきました。

生徒たちの熱心な取材に充分に応える事が出来たかどうか、帰りの車の中で自問しきり。
爽やかな彼等のまっすぐな成長に期待したいと思います。
指導される担当の先生方も生徒と一緒に質疑に加わって頂き感謝です。

帰りに軽トラック一杯に積んで頂いたキャップは、何と320㎏ありました。
今日、リサイクル会社に搬入してまいりました。
今日現在の県下の状況を皆さまにご報告致します。

 重量:24.807トン…もうすぐ25トン…軽トラックに300㎏満載で約83台になります
 個数:9,922,800個…直径31ミリのキャップを横一直線に並べて行くと308㎞先まで届きます
 ワクチン:12,404人分…今年度中に20,000人分としたい
 CO2:78.142トン…燃やしたとすればこれだけの二酸化炭素が排出されます


みなさんの善意の取り組みの時間と費用面の節約のために、私たちは訪問回収をしております。
どうぞ、今後ともご協力下さいますよう、よろしくお願い致します。

[PR]
by rococo510 | 2009-09-07 15:05
山梨県下初めての3階までのカーテンに挑戦しました。
場所は、南アルプス市役所西別館です。
ネットは幅1.8㍍長さ50メートルのロールを地上で幅10㍍高さ15メートルのネットに編んで、屋上から引き上げました。
植物は、上に伸びる役割をヘチマに任せ、裾の部分を琉球アサガオでカバーしようと考えました。
5月の末に植え込みをして今日現在、ほぼ3階をカーテンで覆う迄になりました。
アサガオもヘチマと競争で屋上に届こうとしているのにはビックリしました(屋上まであと2㍍で達します)。
葉の大きさもヘチマに負けないくらいの大きさになって、直径27センチぐらいに成長しました。
ヘチマの葉の大きいのは直径40センチを超える物まで出てきてまたビックリです。
f0197688_1546475.jpg

おもしろいことに二種類の植物を混植すると、お互いに競争するかのように上に上に伸びると同時に葉も大きくして行きます。
皆さまも一度おいで頂いて現物を見てください!

また、我が家のウッドデッキの脇に這わせた「風船かずら(花ことば:ふくらむ夢)」
f0197688_164309.jpg
f0197688_1653125.jpg

も元気で、夏の日差しをやわらげ、室温の上昇を抑えてくれています。
たくさんの種を着けてくれました、収穫できましたらご希望の方にお分けしますので、ご連絡下さい。
携帯は080-5030-6203です、お気軽にどうぞ!

地球温暖化は、最近、テレビでも繰り返し放映されていて、私たちが意識するとしないにかかわらず深刻な状況にあります。北極圏の氷が30年間で半分に消滅し、30年後には完全に消滅するのではないか心配されています。
海面は、69㎝から1㍍位い上昇する事が予測され、海抜の低い都市は水没してしまいます。
これは人ごとではなく、海面上昇だけに止まらずに気象変動による洪水、生態系の崩壊による病気の蔓延などなど予測を超える状況が現実の物となってきます。
私たちに出来るどんな小さな行動でも、地球規模の取り組みにひろげることによって、地球を人類を救うことが出来ます。
今からでも遅くはありません!どうぞ、皆さまのお力をお貸し下さい!

[PR]
by rococo510 | 2009-09-05 16:21
諸事多忙でご報告が遅れました事をお詫び致します。

9月4日現在のご報告をいたします。
 回収重量が24トンを超え24,237キログラムになりました。 
  これは、軽トラックに300㎏満載で81台分です。
 個数も1,000万個に近づいています。
   9,694,800個になりました(キャップの直径3.1㌢を直線上に並べると300㎞先まで到達します)
 ポリオワクチンが12,000人分を超えました。
   12,119人分を集める事が出来ました(山梨県の国公私立小学校児童数50,934人・平成20年5月1日現在の約24%に相当します。
 二酸化炭素削減量も76トンを超える事ができました。
   76,347㎏でサッカーボール763,470個相当の削減量になります。

 昨年の5月から始めた使用済みペットボトルの訪問回収は、山梨日日新聞社の報道、口コミなどで驚異的な速さで全県下に拡大する事が出来ました。
 教育界においても、環境・福祉教育に取り上げて頂き、児童の自主的な取り組みで、この運動をリードして頂いておりますことに感謝を申しあげたいと思います。
 又、自治体・企業・病院・学校・団体・個人など300団体を超える協力者の皆さんで、この運動は更に加速をしておりますことに重ねて感謝を申しあげます。
 私どもは、回収して頂く皆様方の時間と費用を節約して頂くために訪問回収に取り組んでおりますが、真夏の汗は快い爽快感をプレゼントしてくれます。
 最近、保育園・幼稚園の皆さんにも回収のお礼のお話をさせて頂いておりますが、みんな命の尊さ環境の大切さに関心を持ち始めて頂いていることに喜びを感じています。
 
 これからも、子どもの命を救うため、資源を大切に再利用するため、地球の環境を守り綺麗なままで次の世代に胸を張って引き継げるよう、ご協力を心からお願い申しあげます。

 感謝!感謝!感謝です。一人一人の力は小さくても、熱き心が集まれば、地球環境をも救う大きなうねりとなって人類を救ってくれます。
[PR]
by rococo510 | 2009-09-04 22:50