NPO法人南アルプス共和国の日々の活動履歴


by rococo510
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

学校の先生方の異動時期であわただしい時期となりました。
ご自身の異動準備で多忙にもかかわらず、キャップ回収の引き継ぎをしっかりして頂き感謝です。
今日は、
・南部町の睦合小学校
・身延町の大河内小学校
・下部の下部小学校
・甲斐市竜王東小学校
・韮崎市韮崎東中学校 を訪問しました。
合計 350㎏の回収をさせて頂きました。

新任地でも引き続き児童の環境活動をご指導頂きたいと思います。

今日現在の県下の回収量は次の通りです。
・重量:46,667㎏…もうすぐ47トンになります
・個数:18,666,800個
・ポリオワクチン:23,334人分
・二酸化炭素排出抑制量:147,001㎏…もうすぐ150トン

今年度もたくさんの皆さまにご協力を頂きありがとうございました。
新年度も引き続きよろしくお願い致します。
[PR]
by rococo510 | 2010-03-31 21:54

三校で870㎏!

昨日は、年度末の月でしたので雨の中でしたが回収に回らせて頂きました。
・笛吹市立石和中学校
・甲府市立国母小学校
・中央市立三村小学校 の三校を訪問しました。
2トン車と軽トラックの2台で回りました。
三校で
870㎏、348,000個、ポリオワクチン435人分、二酸化炭素排出抑制 約3トン となりました。

この結果、3月24日現在の県下の状況は次の通りです。
・重量:46,317㎏…46トン
・個数:1,853万個
・ポリオワクチン:23,159人分
・二酸化炭素排出抑制:146トン となりました。
延べ協力者は1,853万人となりました。

この数値が、かってゴミや焼却されていたかと思うと恐ろしくなります。
これからもご協力をよろしくお願い致します。

なお、金属キャップなどの混入がありますので、ご面倒でも後工程に支障が生じますので取り除いて頂きたいと思います。
よろしくご協力をお願い致します。
[PR]
by rococo510 | 2010-03-25 10:26
天候が心配されましたが何とか一日もちました。
・山中湖村環境衛生課・クリーンセンター
・山中湖村社会福祉協議会
・平野保育所
・山中湖村立東小学校
・山中湖村立山中小学校
・山中湖村立山中湖中学校
・山中湖村役場
・富士美華ホテル
・山中湖観光振興公社
・セルバ忍野店
・セルバ富士吉田店
・春日居小学校
・甲府商工会議所 を回収させて頂きました。
合計 470㎏でした。
ご協力に感謝します。

この結果
・重量は、45,447㎏
・個数は、18,178,800個
・ポリオワクチンは、22,724人分
・二酸化炭素排出抑制は、143,158㎏ となりました。
明日は、800㎏ほどの回収が予定されています。よろしくお願いします。

[PR]
by rococo510 | 2010-03-23 20:21
3月21日(日)「第3回全国緑のカーテンフォーラム」が山梨県立文学館で開催されました。

第1回は、平成20年3月29日沖縄県那覇市で開催され、それを機に「緑のカーテン全国協議会」が設立されました。
第2回は、平成21年4月17日東京都板橋区において全国から約1,200名の参加者を得て開催されました。
第4回は、平成22年7月28日京都府での開催が予定されています。

開会式には、小沢鋭仁環境大臣が挨拶され低炭素社会を目指して、企業の協力を得ながら国として積極的に取り組んで行く旨の挨拶がされました。

基調講演では、「緑のカーテンから考えてみよう~からだ・環境・地球~建築環境研究が明らかにしてきたこと:住環境教育のすすめ」と題して、東京都市大学 環境情報学部 教授 宿谷昌則氏が60分間の講演をされました。
簡単な実験を行いながら、身近な環境がどのような仕組みで成り立っているかを、お話し頂きました。
緑のカーテンがなぜ大切か、分かりやすく説得力のあるお話が印象的でした。

多くの事例発表は、明日からの緑のカーテンへの取り組みの大きな支えとなりました。

私たちのNPOの取り組みも紹介をされました。
南アルプス市役所西別館の3階屋上まで伸びたヘチマと琉球アサガオの見事なカーテンと、水やりの省力の道具として作った手作りの自動灌水装置(通称:手抜き灌水装置)も紹介されました。
今年は、学校の夏休み期間の緑のカーテンへの水やりを自動化する装置を開発中です。

山梨の地の利を生かした「ぶどうの緑のカーテン」にも取り組みたいと考えています。
全ての取り組みが、人類をはじめとする生物がこの地球上に生息し続けるための、必須条件であることを痛感した機会でありました。

4月からは、市との協働の取り組みとして「廃食油の回収」に取り組みます。
南アルプス市全域で展開をします。4月の広報に回収日のカレンダーが掲載されますのでご覧下さい。

使用済みペットボトルのキャップ回収は、ベースの仕事として継続してまいります。
ご協力をよろしくお願いします。

3月19日は
・日野春小学校
・高根西小学校
・高根北小学校
・高根清里小学校 を訪問しました。
合計230キログラムのご協力を頂きました。

この結果
3月22日現在の県下の回収量は、次の通りです。

・重量:44,977㎏…300㎏満載の軽トラック 150台分
・個数:17,990,800個…キャップを横一直線に並べると約560㎞先まで届きます。
・ポリオワクチン:22,489人分…山梨県小学校児童数の45%を超えました
・二酸化炭素排出抑制量:141,678㎏…サッカーボール1,416,780個分

たくさんのご協力をありがとうございます。
これからは緑のカーテンの紹介もさせて頂きます。
[PR]
by rococo510 | 2010-03-22 18:16
3月17日、年度末で児童会の旧役員の皆さんは卒業式を控えて、残りわずかな小学校生活を惜しんでいました。
回収に訪問したのは
・甲斐市立双葉西小学校
・甲府市立甲運小学校
・笛吹市立一宮北小学校
・笛吹市立石和東小学校
・中央市立田富小学校

・甲府市立柏保育園保護者会
・セルバ御坂店
・セルバ市川大門店 でした。
 合計 350トンの量をお預かりして来ました。


山梨県下の状況は

・重量:44,747㎏…もうすぐ45トン
・個数:17,898,800個…もうすぐ1,800万個
・ポリオワクチン:22,374人分…もうすぐ23,000人分
・二酸化炭素排出抑制:140,953㎏…約 141トン


一人一人の力は小さくても、一人一人の行いは小さくても、みんなが集まれば大きな大きな事を成し遂げる事が出来ます。地球温暖化をストップ出来るのもみんなの力です。
今日までの積み重ねもみんなの力です。
[PR]
by rococo510 | 2010-03-18 08:30

超多忙の一日でした

年度末で訪問回収も繁忙期を迎えています。
今日は早朝より都留・富士吉田方面に出かけました。
・谷村第一小学校
・都留市社会福祉協議会
・都留市市民生活課
・都留文科大学附属小学校
・東桂小学校
・セルバサポートセンター(御殿場店、十日市場店、富士見店)
合計880キログラムでした


また、事務所に持参頂いた方々も
・山梨県女性のつばさ連絡協議会
・櫛形女性団体連絡協議会
・甲府21ワイズメンズクラブ
合計57キログラムでした


今日の総合計は937㎏…約1トン

この結果、今日現在の山梨県下の回収状況は
重量:44,397㎏…約44.4トン…300㎏満載の軽トラック…148台分になります
個数:17,758,800個…約1,800万個…直径3.1㎝のキャップを直線上に並べると550㎞先に届きます
ポリオワクチン:22,199人分
二酸化炭素排出抑制:139,851㎏…約140トン


今日の回収作業は
合計約1トンの重量を積み込み、計量のため一旦降ろし再び積み込んでリサイクル会社でおろしますと4回扱う事になり合計4トンを積み降ろしする事になります。
出来ましたら、各回収ヶ所で重量を量って頂きますと積み込みと積み降ろしの2回ですみます。
ご協力をよろしくお願い致します。

[PR]
by rococo510 | 2010-03-16 21:58
桜の花が咲く頃には、ピカピカの小学1年生になる年長組さんを訪問しました。
大月市にあります「大月キリストの教会幼稚園」です。
キャップに関わる環境のお話をさせて頂きました。
・園児の皆さんが集めてくれた使用済みペットボトルのキャップは、山梨県内のリサイクル会社さんに買い取 って頂き、そのお金を東京にある「世界の子どもにワクチンを日本員会」に送り、ユニセフを通してアジアの  恵まれない子どもたちにワクチンが贈られます。
・現在は、ブータンという国の子どもたちに送られています。
・集められたキャップは何に生まれ変わっているのでしょうか
 限りある資源を有効に使おうと
 コンクリートパネル(従来の木製からプラスチック製に変更)、車のバンパー、箸、ボールペンの軸、各種トレ イなどにリサイクルされている事を、サンプルを手にして勉強しました。
・燃やすと地球温暖化の原因となる、CO2がたくさん出てしまう事
・地球温暖化が進むと海の水が増えて人間の住む陸地が狭くなってしまう事
などなど質問も沢山出てきて楽しい時間を過ごす事が出来ました。
 話の後、歌の交歓会があり、帰りにはキャップを沢山頂、別れを惜しみながら園を後にしました。

都留高校、大月市立中央病院を回り回収をさせて頂きました。
 リサイクル会社に搬入したキャップは、120㎏でした。
今日現在の、県下の回収状況は次の通りです。
 重量:43,517㎏…300㎏満載の軽トラックで145台分
 個数:17,406,800㎏…直径3.1㎝のキャップを直線上に並べると540㎞先まで届きます。
 ポリオワクチン:21,759㎏…もうすぐ22,000人
 二酸化炭素排出抑制:137,079㎏…137トン

[PR]
by rococo510 | 2010-03-13 17:58

異物混入に困惑!

最近の回収キャップの中に金属キャップなどの異物が混入している例が見られます。
プラスチック系のリサイクルに金属物の混入は大きな障害となります。
どうかもう一度回収時のチェックをお願いしたいと思います。
私たちの活動は回収される方々のお手伝いを、訪問回収と言う手段でさせて頂いております。
従って金属物の機械的選別の手段を持ち合わせておりません。
選別の人的態勢もありません。

この活動を、運動を継続して行くためにも、上流での選別にご協力をお願い致します。

昨日は
・バンビバイリンガル幼児園
・石和高校
・DAIMARU石和店
・石田小学校
・白根窓口サービスセンター
・個人の協力者
の方々から合計370キログラムのキャップを回収させて頂きました。

この結果、3月11日現在

重量:43,396㎏…約43.4トン
個数:17,358,800個
ポリオワクチン:21,699人分…約21,700人分
二酸化炭素排出抑制:136,701㎏…約137トン

どうぞ、この活動が地球温暖化防止の為に、環境意識の高揚のために継続できますようにご協力をお願い致します。
[PR]
by rococo510 | 2010-03-11 19:35
今日は
・昭和町役場
・東山梨教育協議会
・富士川町立中部小学校さん
を訪問回収させていただきました。
天気予報ですと山沿い地方はこれから雪に変わるとのことですので雨の中お伺いしました。
中部小学校さんでは校長室で児童会の役員さんからキャップの引渡しを受けました。
一個一個数えた数量を教えていただきました。
12人分の子どもの命が救えることを喜び合いました。
今日リサイクル会社さんに搬入した重量は合計360キログラムありました。

今日現在の県下の回収合計は次のとおりです。
 重量:43,027キログラム 300キロ満載の軽トラック144台分
 個数:17,210,800個 直径3.1センチのキャップを直線状に並べると534キロメー    トル先まで届きます。
 ポリオワクチン:21,514人分 県下小学校児童数の43%相当に当たります。
 二酸化炭素排出抑制:135,535キログラム 約136トン


捨てればごみ 43トンのごみの減量化ができました。
燃やせばCO2 136トンの排出抑制ができました。

集められたキャップは山梨県内でリサイクル会社に買い取っていただき現金化され、現金は「世界の子どもにワクチンを日本委員会」に送られ、ユニセフを通じて世界各地に送られます。
現在は、ブータンという国の子どもたちにワクチンが送られています。

これからも、子どもたちの命を救うことと地球環境を守るため多くの皆様のご協力をよろしくお願いいたします。
[PR]
by rococo510 | 2010-03-09 15:07
訪問先の保育園児や小学校の児童の皆さんに沢山の質問を頂きます。
「キャップがどうしてワクチンになるの」
「キャップは何にリサイクルされるの」
「何故地球温暖化は起こるの」
「CO2って悪者なの」
「地球温暖化になるとなぜ困るの」
「キャップを何故集めるの」
様々な質問が次々と出てきます。
分かっているようで、年齢にあった説明をして理解して貰うには大変です。
しかも、30分くらいの時間で何かを掴んで貰おうと悪戦苦闘するわけですが、ちゃんと理解して貰うには数時間から数十時間かかる事でしょう。

ここでも、以前シリーズでお話をさせて頂こうと書いた事がありますが、忙しさにかまけてお約束が果たせないでいます。

当面の活動のご報告をさせて頂きます。
3月7日(日)現在の実績は次の通りです。
 重量:42,667㎏…もうすぐ43トン…軽トラックに300㎏満載で143台分相当
 個数:17,066,800個…直径3.1㎝のキャップを直線上に並べると529㎞先まで届きます
     山梨県から529㎞先と言えばどの当たりになるでしょう?
 ポリオワクチン:21,334人分…山梨県の小学校児童数の43%相当
 二酸化炭素排出抑制:134,401㎏…燃やせばサッカーボール1,344,010個分のCO2が出ます
                         CO2の100㌘がサッカーボール1個分に相当します
                         キャップ400個1キログラムを燃やすと3,150㌘のCO2排出

昨年の3月6日、1年前の実績と比較してみましょう
 重量:12,647㎏………………………+30,000㎏
 個数:5,058,800……………………+12,008,000個
 ポリオワクチン:6,324人分………… +15,010人分
 二酸化炭素排出抑制:39,838㎏……+94,563㎏

2008年5月から始めた回収は、県下の皆さまのご協力で大きな輪となりました。
「物」の回収をとおして、それを遙かに上回る環境意識の醸成、誰にでも出来る手軽な社会貢献、家庭や会社、団体で話し合われ取り組まれる環境活動。
これからもよろしくお願いします。
[PR]
by rococo510 | 2010-03-07 11:58