NPO法人南アルプス共和国の日々の活動履歴


by rococo510
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

6月22日、23日の回収は早川、身延、甲府、谷村方面にでかけました。

・早川南小学校さん
・セルバみのぶ店さん
・身延社会福祉協議会さん
・セルバ市川大門店さん
・甲府市(株)ジェイワンさん
・甲府市(株)まいづる印刷さん
・甲府市立石田小学校さん
・南アルプス市長沼さん
・都留市立谷村第二小学校さん


合計 450㎏でした。
早川の山々はどこまでも緑が深く地球の自然の強さを全身で感じました。

これで今日現在の実績は次の通りです。
・重量:53,407㎏
・個数:21,362,800個
・ポリオワクチン:26,704人分…もうすぐ27,000人分
・二酸化炭素排出抑制168,232㎏

[PR]
by rococo510 | 2010-06-23 21:59
6月20日に南アルプス市内の小学校1~3年生を対象に、市役所駐車場で親子エコキャンドルづくりを開催した。
雨が心配されたが、親子20組の2班編制で100人ぐらいの参加者が、環境の勉強と資源の有効活用の体験をした。
キャンドルづくりには様々な方法があるが、今回は新しい方法に挑戦した。
1.まず参加者全員にローソクの芯づくりをして貰った。
  2枚重ねのティッシュペーパーを1枚に剥がし、ハサミで半分に切る
  半分になったティッシュペーパーで芯になるこよりを作る
  参加者全員、初めての挑戦だったが、まあまあのできばえだった

2.湯煎でとかした蝋を絵筆でこよりに染み込ませる
  参加者に並んで貰い順番に芯のロウ化に取り組んだ
  この際、湯煎は湯が沸騰しているのでスタッフがこよりにロウを含ませた
  参加者は、ロウの付いていない部分を持って自分の席に戻った
  間もなくロウは冷えて、棒状のロウ化した芯が出来上がった

3.次は、好みの色のクレヨンを紙バサミなどの角で2㌢ほどを細かく削り、ここからが新しい試みで、同じく2  ㌢ほどのローソクを細かく削り混ぜておく(ローソクが入ると、しっかり出来上がり燃焼具合も良く長持ちを  する)
4.カセットコンロに小さめの片手鍋を載せ廃食油(今回は色も楽しむため賞味期限切れの汚れていない油を  使用、使用済みの油を使うと茶色になって匂いもするので)300ミリリットルをいれ、加熱する  油の表面が動き出したら、クレヨンとローソクの削ったものを入れて、良く溶けるように割り箸でかき混ぜる  これも油が80℃くらいになるので、スタッフが片手鍋をしっかりと固定して、かき混ぜの体験をして貰った
  クレヨン、ローソクが溶けたら廃油凝固剤をいれて火を止め、良くかき混ぜる(凝固剤の粒が溶けるまで)

5.固まる前に瓶に入れる  入れる量は、ビンの7割から8割程度にする
  固まり始めたら香料を入れかき混ぜて、さきほど作っておいた棒状の芯をビンの中心に突き立てる
  固まってしまった場合は、竹串などでビンの中心に穴をあけ芯を差し込む
  (この方法だと、割り箸などで芯を吊す手間が省けて、しっかり作れるし芯が燃え尽きないで長持ちする)6.持ち帰って冷えて固まったら、芯の余分をハサミで切り取る
  目安は、ビンの口から少し出るくらい、ローソクの面から2㌢ほどのところで切る
  これでできあがり

7.ライトダウンキャンペーンの時、電気を消してローソクの前に家族が集まり、環境の大切さや資源の再利   用の大切さなど話し合うと良いですね
8,注意事項
  ・ローソクづくりは必ず大人と一緒にする
  ・ローソクに火を付ける時も必ず大人と一緒にすることを守りましょう

  
    
[PR]
by rococo510 | 2010-06-21 21:23
今週はお待ち頂いています協力者を精力的に訪問したいと思います。
今日お尋ねしたのは
・山梨県立ろう学校さん
・山梨県消費生活研究会連絡協議会会長の仲澤さん
・笛吹高校建設JVの内藤ハウスさん
・南アルプス市立大明小学校児童会さん でした。
合計 320㎏でした。

ご協力ありがとうございました。

県下の状況は次の通りです。
・重量:52,957㎏…約53トン…300㌔積み軽トラック… 177台分
・個数:2,183万個…延べ協力者数が2,183万人になります
・ポリオワクチン:26,479人分
・二酸化炭素排出抑制量:166,815㎏…サッカーボール1,668,150個分


これからもご協力をよろしくお願い致します。
[PR]
by rococo510 | 2010-06-21 17:27

昨年の倍のペース!

今日は梅雨の合間の午前中に回収にお伺いしました。
・東京エレクトロンの藤井工場さん、穂坂工場さん
・双葉西小学校さん
・南アルプス市八田支所・八田女連協さん
を訪問しました。ご協力に感謝申しあげます、170㎏ありました。
リサイクル会社「田丸」さんに引き取って頂きました。


昨年の丁度6月18日の実績が4月からの累計で2,960㎏でした。
今年の今日6月18日の実績が4月からの累計で6,090㎏でした。
この数字をどう見るか、回収量は倍になりましたが、意見の別れるところです。
「キャップがゴミにならずに回収されて良い」と言う意見と、回収する事によって
「ペットボトル飲料の消費をあおるのではないか」との意見もあります。
では、ここで山梨県森林環境部の「山梨の一般廃棄物」の統計を見てみましょう。

ペットボトルの分別回収の実績です。
平成13年   823トン
平成14年   922トン
平成15年 1,039トン
平成16年 1,151トン 平成19年に調べた時は、ここまでの統計しか分かりませんでした。
この間、年間 約100トンずつ増えています。

キャップ回収が取り組まれるかなり以前の話です。このペースで増え続ければ、平成21年には、年間1,650トンものぺとボトルの回収量になります。
但し、この数値は回収されたもののみの量です、販売された量が不明ですので回収率は分かりませんが、全てが回収されているとは思えません。

回収されたもののみの検討でも、
ペットボトル本体の重量は大中小平均して1本30㌘としましょう。
キャップの重量は、1個2.5㌘です。
おおざっぱにキャップ重量が本体の1/10とみると、
平成21年のキャップの想定重量は、165トンになります。
もし仮に、回収されずに全てのキャップが燃やされたとしたら、400個1㎏を燃やすと3,150㌘のCO2が排出されることから、年間520トンのCO2が排出されます。


そして、年々キャップのリサイクルも、建築資材に、自動車部品に、生活用品にと拡大していることから、立派な有価物であり、一NPOの取り組む範囲を超え、資源を持たない日本の将来を考えても、行政が先頭に立って有価物として回収し、資源の有効活用と地球温暖化防止対策の一つに加える時期ではないかと思います。
でも、キャップ回収を奨励するとペットボトルの消費をあおる事になるので、表だって回収する事、あるいは協力する事は出来ないと言われる行政マンがいられます。
消費者行動、流通経済などとかけ離れた考えで、目前の課題を見て見ぬふりをするのはいかがなものでしょうか。
ご意見をメールにお寄せ下さい。
[PR]
by rococo510 | 2010-06-18 17:31
平成20年5月に開始した訪問回収から、2年1ヶ月が経ちました。
これまで県下310団体の皆さんのご協力で大きな実績を挙げる事が出来ました。
前回の投稿以来ご協力を頂いた皆さんは次の通りです。
・玉穂中学校の皆さん
・梨大生協さん
・東山梨教育協議会さん
・OBARA境川工場さん
・NEC労働組合さん
・甲府市武田の中澤さん
・南アルプス市の樋泉さん
・南アルプス市の小笠原小学校さん
・南アルプス市社会福祉協議会さん
・甲府市伊勢連合自治会さん
・石和西小学校さん ありがとうございました。


今日現在の数字は次のとおりです。
・重量…52,527㎏…300㎏積み軽トラック…175台分…道路に並ぶと約800㍍繋がります。
・個数…21,010,800個…直径3.1㌢のキャップを直線上に並べると651㎞先まで届きます。
・ポリオワクチン…26,264人分…山梨県の小学校児童数49,800人の約53%に当たります。
・二酸化炭素排出抑制量…165,460㎏…サッカーボール1,654,600個分。


新しい協力者が次々と現れています。
生産工場でのISOへの取り組み、学校での環境と命の大切さの取り組み、団体・個人のかたがたの社会貢献、様々な取り組みが更に輪を大きくしています。

これからも皆さまの、限りある資源の再利用、地球温暖化防止対策へのご協力をよろしくお願いします。
[PR]
by rococo510 | 2010-06-15 20:35
6月3日には甲府方面の回収にお伺いしました。
・県立大さん
・国母のブラジル人学校「ガリバー」さん
・後屋の内藤牛乳店さん
・昭和町役場環境課さん
・南アルプス市の宮入バルブさん 
から合計230キログラムのキャップをお預かりしました。

今日は、県立大を訪問して47㎏ポリオワクチン24人分のキャップを頂きました。
f0197688_7471995.jpg

6月3日現在の県下の回収量は、平成20年5月からの累計で
・重量:51,897㎏…約52トン…30㎏積み軽トラック 173台分になります
・個数:20,758,800個…直径3.1㌢のキャップを直線上に並べると644㎞先まで届きます
・ポリオワクチン:25,949人分…もうすぐ26,000人分に
・CO2排出抑制量:163,476㎏…もうすぐ164トン

[PR]
by rococo510 | 2010-06-04 07:47