NPO法人南アルプス共和国の日々の活動履歴


by rococo510
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
突然襲った未曾有の大震災。
失われた尊い命、未だ捜索の努力にもかかわらず救出できないでいる多くの人々。
死者行方不明者を合わせると27,000人を超えると言われている大震災。
愛する家族を、隣人を、友人を、職場の仲間を、地域の絆まで飲み込んでしまった大地震と大津波、生きる元である住まいを、地域経済を、生活を支える企業も商店も押し潰してしまった地震と津波。
誰もが予想できなかった天災、誰もが被害者、国難とも言える大震災は一瞬のうちに被災地の日常を奪ってしまった。
国の産業経済を、国民の生活を担ってきた原子力発電所の被害は人々の安心、安全を脅かしている。
計画停電の影響に見られるように「電力」に頼らなければ一時も生きられない時代。
電力会社も被災者の一員。
原子力発電所の事態収束に不眠不休で懸命の努力をしている関係者。
家を津波にさらわれ肉親がいまだに行方不明のままの社員、工事関係者。
でも、現地にも行けないまま肉親の安否すら尋ねる事もままならないで職務を全うしようと取り組んでいる人々がいる事を忘れてはならない。
一つ一つの事象を捉え批判を繰り返す評論家はいらない。
一刻も早い原子力発電所の事態収束と被災者の生命、生活の安定を祈らずにはいられない。

私たちNPOの一つの活動である「使用済みペットボトルのキャップを集めて途上国の子供達にワクチンを贈ろう」の呼びかけに県下一円、多くの皆さまにご協力を頂いてきました。
今までの3年間、キャップの販売益を「世界の子どもにワクチンを日本委員会」に送金してきました。

この国難とも言える大震災をうけてこれからのキャップ販売益は、当分の間「東北関東大震災の義援金」として「山日厚生文化事業団」を通して被災地に送りたいと思います。
ご協力頂いております皆さまの総意としてお送りしたいと思いますのでご理解ご協力をよろしくお願い申しあげます。

訪問回収を始めて以来の回収累計は次の通りです。
重量:83,617㎏…もうすぐ84トン
個数:33,446,800個
ポリオワクチン:41,809人分…もうすぐ42,000人分
二酸化炭素排出抑制:263,394㎏


前回方向以来の回収状況をお知らせします。
南アルプス市小笠原区…21㎏…事務所まで持参
南アルプス市立小笠原小学校…29㎏
甲府市環境センター…64㎏
甲府市中道北児童館…15㎏
JR甲府地区センター…44㎏
明治安田生命甲府支社…61㎏
南アルプス市立豊小学校…49㎏
身延町立大河内小学校…53㎏…事務所まで持参
南アルプス市立落合小学校…106㎏…事務所まで持参
甲府市立玉諸小学校…181㎏…事務所まで持参
南アルプス市立若草南小学校…206㎏
南アルプス市立八田小学校…51㎏
介護センター花岡…376㎏

ご協力ありがとうございました。

[PR]
# by rococo510 | 2011-03-26 17:25
未曾有の大規模地震、それに起因する大規模津波。
国の産業、経済、国民の生活を支えてきた電力が危機的状況にあります。
福島第一原子力発電所の壊滅的な被害がTVで放映されていますが、太平洋沿岸の火力発電所もまた大きな被害を受けています。
このため、発電能力は大幅にダウンし大規模停電を避けるために計画停電が実施されています。休止中の火力発電所の稼働に向けて東京電力は必死の努力を重ねています。
しかし、今夏の冷房需要を中心とする供給力を上回る需要への対応はかなり厳しく、計画停電も避けられない状況です。
このような状況下で私たちに出来る事は何かないでしょうか。
この機会に「ちょっと前の暮らし」に戻ってみてはどうでしょうか。
贅沢三昧の生活は人間の生きる知恵も生きる力も奪ってしまいました。
冬は「暖かさ」を限りなく求め、夏は「涼しさ」を限りなく求め寒さ対策に夏でも膝掛けや肩掛けを使う。
近くへの用事にも車を何の疑問も持たずに使用する。
世の中を眺めると、より早く、より高く、より遠くへ、より便利に、より楽に、より快適にを求め際限なき欲求の赴くままの行動は、効率化、省力化を求めエネルギーの無駄遣いや人間の心までも怠惰にしてしまいました。

今日、南アルプス市役所との打ち合わせで、現在私たちNPOと市との協働事業で進めている「みどりのカーテン普及事業」について、今夏は化石燃料に頼らず自然の力を頂いた冷房効果をさらに市民生活にとりいれて、みどりのカーテンを学校や保育所、市庁舎、市民の住宅に普及拡大しようと話し合いました。

寒かったら「寒さをしっかりと受け止めて」すぐさま暖房に頼らずに着るもので調整する、暑かったら「暑さをしっかりと受け止めて」日傘や帽子で日を遮り、団扇や扇子の自然の風でしのいだりして「がまんする」「工夫する」生活をやってみようではありませんか。
他者を責めたりするまえに、自らが自分の力で生きること、生きる知恵を身に付けたいものです。
資源を持たない国の国民的課題だと思います。
この美しい地球を失う前に、この美しい地球に捨てられる前に…

[PR]
# by rococo510 | 2011-03-22 21:49
東北関東大震災は国難と言える未曾有の大被害をもたらしました。
犠牲となられた多くの皆さまに心からお見舞い申しあげます。
亡くなられた方々のご冥福と、いまだ行方不明になられております方々の一刻も早い救出をお祈り致します。

誰も予想し得なかった、誰も止める事の出来なかった、誰も避ける事の出来なかった大規模地震と大津波。
一瞬のうちに生命、財産、全てを奪ってしまった津波は、日本の産業経済、国民の生活を支えてきた原子力発電所も飲み込んでしまいました。
テレビの画面にあふれる自然の猛威の前に人間の無力さを痛感せざるを得ません。
鉄筋コンクリートの建物を残し、木造の建物や自動車、漁船を押し潰し押し流してしまった大津波。

誰もが幸せを求めて住み着いた土地、生活の基盤である住居、商店、会社、行政機関など全てを押し潰してしまった自然の猛威。
さらに追い打ちを掛ける原子力発電所の被災による放射性物質の拡散は、大規模避難と計画停電を余儀なくされ、国民生活に大きな精神的打撃と物理的打撃を与えています。

発災以来、被災者の人命救助と原子力発電所の危機的状況を脱出するために命がけで取り組んでいられる方々に心から敬意を表します。
行政、地域消防、自治会をはじめとするあらゆる機関とボランティアが不眠不休で、また原子力発電所の対策には自衛隊、警察機動隊、東京消防庁、東京電力社員と関係者など決死の覚悟で臨んでおられ、あらゆる困難を乗り越えるその姿は、真に「日本の救世主」といえると思います。
心から感謝と御礼の拍手をお送りします。

これからの被災地の復興や地震国日本の再建に当たっては、四方を海に囲まれた島国であることからこの度の大震災を教訓に、海岸沿いの都市のあり方についても、津波に対する認識も改めなくてはならないでしょう。
この度の被災地のように私有財産の全てを押し流されてしまった復興は個人の力では限界があると思います。思い切った発想の転換で公営の高層住宅を含めたコンパクトシティー化でみんなが見える、寄り添えるまちづくりが必要かと思います。

資源を持たない弱さをバネに高度な技術力を誇る日本は、かって輸出立国として経済大国の名を欲しいままにしてきました。しかし、今はどうでしょう市場経済の効率を求めて主要企業も技術力も海外へ海外へと流出し国内は失業で高学歴を持つ若者が能力発揮の場もなく苦しんでいます。

今こそ、日本の脆弱さをさらけ出し天災にも国際競争力にも強い安全安心の国造りに取り組もうではありませんか。

私たちのNPOは、当分の間、日本国の非常時に鑑みキャップの販売益をささやかではありますが被災地の復興のために寄付したいと考えています。
途上国の子供達にワクチンを贈るために皆さまのご協力を頂いておりますが、この窮状をご理解頂きなにとぞご協力を頂けますようよろしくお願い申しあげます。


また、当地におきましてもガソリンの給油制限もあり訪問回収も困難になっております。
当分の間、ついでの時に事務所まで持ち込み頂けるとありがたいと思います。
ご理解ご協力をよろしくお願い致します。
南アルプス市内は近距離ですので従来通り回収に伺いたいと思います。
以上よろしくお願い致します。

前回以降の回収状況をご報告します。
早川北小学校…17㎏…事務所に持参
早川中学校…21㎏…事務所に持参
甲府市立南中学校…111㎏…県ボランティアセンター預かり
早川南小学校…27㎏…事務所に持参
南アルプス市愛育会飯野班…82㎏
ご協力ありがとうございました。
[PR]
# by rococo510 | 2011-03-20 11:46

NPO活動状況

活動状況の一部をご紹介しましょう。
f0197688_10251746.jpg
f0197688_1026749.jpg
f0197688_10264138.jpg
f0197688_10314098.jpg
f0197688_10325478.jpg
f0197688_10334241.jpg
f0197688_10341775.jpg
f0197688_10343661.jpg
f0197688_10354345.jpg
f0197688_10362015.jpg
f0197688_10372864.jpg
f0197688_10392196.jpg
f0197688_10395055.jpg
f0197688_1041424.jpg

[PR]
# by rococo510 | 2011-03-11 10:41
前回3月5日報告以降の回収状況をお知らせします。
甲府市立甲府西中学校…160㎏…事務所まで持参
甲府市立甲府東中学校…3月4日分と合わせて…571㎏…事務所まで持参
南アルプス市立櫛形北小学校…71㎏…エコ講座実施

訪問回収を開始して以来の累計は
重量:82,077㎏…82トン突破
個数:32,830,800個
ポリオワクチン:41,039人分…41,〇〇〇人分を突破しました
二酸化炭素排出抑制:258,543㎏…約259トン

[PR]
# by rococo510 | 2011-03-10 14:24
新しい協力者の輪が広がりつつあります。
前回報告以来、次の協力者を訪問しました。

山中湖村平野保育所…54㎏
甲府市内藤牛乳店…93㎏
石和健康ランド…21㎏
県立中央高校…25㎏
山梨大学附属中学校…109㎏
セルバ御坂店…54㎏
OBARA製作所…17㎏
セルバ境川店…31㎏
山梨県宅地建物取引業協会…62㎏
南アルプス市愛育会在家塚班…51㎏
南アルプス市八田支所・八田女連協…56㎏
横河マニュファクチャリング…13㎏
南アルプス市立若草小学校…52㎏
タカハタプレシジョン…18㎏…事務所まで持参
石和英和幼稚園…44㎏
南アルプス市愛育会大井班…12㎏…事務所まで持参
南アルプス市巨摩共立病院…2㎏…事務所まで持参
中央市…120㎏…リサイクル会社に運搬
甲府昭和高等学校…134㎏…事務所まで持参
昭和町役場…97㎏…事務所まで持参
南アルプス市愛育会櫛形班…4㎏…事務所まで持参
甲斐市竜王東保育園…150㎏
甲府東中学校…450㎏

回収能力が限界に来ておりますので事務所まで届けて頂くと助かります。
県に自治体での回収のお願いをしていますが、まだ時間がかかる事からもうしばらく頑張らなければなりません。
事務所まで届けて頂くと助かりますが、その際は袋にお名前を書いておいて頂きたいと思います。
後ほど受領書をお送りする都合上よろしくお願いします。

3月4日現在の累計数値をご報告します。

重量:81,467㎏…もうすぐ82トン…300㎏積み軽トラック272台分
個数:32,586,800個…延べ協力者が3,259万人
ポリオワクチン:40,734人分…県下小学校児童数48,628人の84%に相当
二酸化炭素排出抑制:256,621㎏…約257トン

引き続きご協力の程よろしくお願いします。
ありがとうございました。

[PR]
# by rococo510 | 2011-03-05 20:39
今日のリサイクル会社(株)田丸への搬入は1,390㎏でした…約1.4トン。
今日の搬入で訪問回収開始以来の累計は次の通りです。
重量:79,957㎏…約80トン
個数:31,982,800個…約3,200万個
ポリオワクチン:39,979人分…約40,000人分
二酸化炭素排出抑制:251,865㎏…約252トン


今日訪問したのは
金川の森公園管理事務所…35㎏
東山梨教育事務所…465㎏
南アルプス市若草女連協…22㎏
南アルプス市社会福祉協議会…14㎏
山梨県自動車整備振興会…15㎏


前回報告以降昨日までに訪問したのは
南アルプス市立若草中学校…35㎏
田富北小学校…77㎏
南アルプス市百田小学校…93㎏
でした


ご協力に感謝します。
[PR]
# by rococo510 | 2011-02-21 19:29
今、多くの学校から「来年度もキャップ回収をしてくれるのか」との問い合わせがたくさんきています。
「継続する予定です」というと「よかった」との返事が返ってきます。
児童会活動として取り組みやすい点と、活動の目的、効果が分かり易いこと、達成感が目に見てとれること。
ゴミの減量化、かぎりある資源のリサイクル、地球環境を考えるグローバルな視点、同世代の子供達の「命を救う」などの行動は習慣化して自然と動けるようになってきています。

その無償の取り組みをとおして、人の命を大切にする心、物を大切にする心、無駄をなくす心、様々な心が育まれていくと思います。
今日は、甲府市立伊勢小学校の児童会を訪問しました。
役員の皆さんが休み時間を返上して、みんなで集めたキャップを車まで積み込んでくれました。
何と、174㎏もありました。
個数は、69,600個
ポリオワクチンは、87人分
二酸化炭素排出抑制量は、548㎏ でした。

来年度もキャップ回収を続ける事を約束して分かれてきました。
子供達の「ありがとうございます」「お願いします」の笑顔に感動です!
[PR]
# by rococo510 | 2011-02-09 19:02

児童集会に参加して

本日は、都留市立都留文化大学附属小学校の児童集会で環境講話をさせて頂きました。
全校児童を対象に30分ほどの時間を頂き
「皆さんはキャップ回収を通じて社会とどう繋がっているか」
また、「どのように社会に役立っているか」「どこの国の子どもにワクチンを贈っているのか」
「地球温暖化のメカニズムと温暖化が進むとどんな事が起こるのか」
「みんなが仲良く暮らせる地球をみんなで守るにはどうしたらよいか」
などなどについて、話をさせて頂きました。
みんな熱心に聴いてくれました。
時間が短い事と、低学年から高学年まで一緒の集会で話すのは、大変な事です。
低学年に分かりやすい話にすると高学年は物足りなくなり、話す側の技術が問われる場面でした。

リサイクル品を手にとって見てもらう場面では、みんな熱心に眺めてもらえました。
建設用コンクリートパネルのカットモデル、建築用床材、箸、ボールペン、ドイツのペットボトルと日本のペットボトルの比較(ドイツ製のペットボトルは30回の繰り返し使用に耐えられるように頑丈に作られている)など
体感をしてもらいました。
環境課題と自分たちに出来る事を学んでもらえたら良いなと思いました。

帰りにみんなが集めてくれたキャップ 37㎏をあずかってきました。児童会の役員の皆さんに車まで運び込んで頂きました。
ありがとうございました。

南アルプス市市民活動センターからは、6㎏のキャップを届けて頂きました。
[PR]
# by rococo510 | 2011-02-08 19:59

山日YBS席書き大会

昨日6日に開かれた席書き大会には幼児から高齢者まで10,680人が参加。
今年もエコ活動が展開され、発展途上国の子どもたちにポリオワクチンを贈る費用に役立てるためのペットボトルキャップが会場で回収され、本日私たちのNPOに寄贈されました。

その量は、過去最大となりました。
重量:510㎏
個数:204,000個
ポリオワクチン:255人分
二酸化炭素排出抑制:1,607㎏(1.6トン) でした。
たくさんの善意をありがとうございました。


これで今までの累計は
重量:78,567㎏…約78.6トン…300㎏積み軽トラック…262台分
個数:31,426,800個
ポリオワクチン:39,284人分
二酸化炭素排出抑制:247,486㎏…247.5トン


ご協力ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。
[PR]
# by rococo510 | 2011-02-07 19:35